劉邦と項羽に見る、人に任せる器量

リーダーには2つのタイプがある。それは「知型」と「情型」のほかに、「完全型」と「不足型」のことだ。完全型というのは、リーダーとして備えるべき条件を全部身につけているタイプだ。不足型というのは、どこか欠けているタイプである。

中国の有名な歴史書に「史記」というのがある。司馬遷という人が書いた本だ。この本には、「期待されるリーダー像」と、「期待される部下像」のいろいろな例がたくさん描かれている。その中に、劉邦と項羽の話がある。劉邦というのは、いうまでもなく中国古代の「漢」という国をつくった人物だ。そのため劉邦は、漢の高祖と呼ばれた。

一方の項羽は、その劉邦に攻め立てられて自分の城で自決する。かれには愛人がいて、非常に美人だった。虞という名だった。項羽は死ぬときに、この虞を抱きながら、「虞や、虞や、汝をいかにせん」(虞よ、虞よ、こんなことになって、一体お前ををどうすればいいかなぁ)と嘆いたという。虞は大変な美人だったので、後に「虞美人草」などという花の名になった。

劉邦と項羽は、まったく対照的なトップリーダーだった。項羽はまじめで、若いときから役人生活を送り、民衆の気持ちをよく理解し、部下への愛に富んだリーダーだった。反対に劉邦のほうは、若い時からヤクザ性があり、酒と女性が好きで、いつもいいかげんな生活を送っていた。また、リーダーシップの取り方についても全く対照的だった。

項羽のほうは、部下のことは何でも知っていた。部下だけでなく、その家族のことも知っていた。たとえば毎日のように、重役に、「どこどこの職場にいる、何とかという男を呼んでこい」という。その男が来ると、項羽は金の包みを出して、「今日はおまえの子どもの誕生日だろう。これで何か買ってやれ」という。部下は感激する。

胸の中で、(この人のためなら、命もいらない)と考える。このように項羽は、末端の部下の家族や私生活に至るすみずみまで知っていた。かれの頭の中にあるマイクロフィルムには、そういうものが一切記憶されていたのである。

反対に、劉邦のほうはいいかげんだった。かれには、張良や韓信、蕭何などという有名な重臣がいた。劉邦に、こと細かく部下のことを知っている項羽の話をすると、劉邦は「項羽はばかだ」といって笑った。報告した者は驚いて、「項羽がなぜばかなのですか?」ときく。すると劉邦はこう答えた。

「そんな末端の部下の私生活まで知っていて、肝心な仕事をどうするのだ?リーダーというのはそういうものではない。何のために組織があり、その組織にポストがあって、おまえたち幹部がいるのだ?」まわりにいた者は顔を見合わせた。末端の部下の家族のことまで知っている項羽に対し、劉邦が、「項羽はばかだ」といったのは、次のような理由からである。
  • 組織には必ずポストがあり、トップはそのポストにいるリーダー達に権限の一部を与えている。
  • その権限を受けた中間リーダーは、トップの分身であって、中間リーダー個人ではない。
  • トップリーダーは、中間リーダーを如何に活き活きと働かせるかが責務になる。
  • それなのに、項羽のように一般の従業員に対してまでいちいちロを出すことは、間にいるリーダー達の職権を奪うことになる。また仕事に対する介入だ。
  • あるべきトップは、中間リーダーだけを掌握し、その下の部下の管理については、すべて中間リーダーに任せるべきである。
項羽を滅ぼした劉邦は、自分の重用する幹部である張良や韓信たちに仕事の権限を分け与え、「彼らに任せておけば安心していられる」という信頼感をもっていた。そうなると、任された方は緊張する。それだけの権限を与えられてもし失敗したら、トップに迷惑が及ぶ。そのときは責任を取らなければならない」という考え方になるからだ。

劉邦の説は、一種の「組織論」である。組織というのは、必ず3つの職層に分かれる。トップ層、ミドル層(中間管理職)、ロウ層(一般の職員)である。武田信玄に、「人は城人は石垣 人は堀」という有名な言葉がある。この言葉は、組織のトップ、ミドル、ロウに対する信玄の気持ちを告げたものだ。信玄はこう考える。

「自分が仕事に対して持っている権限と責任は、たとえば1つの茶碗のようなものだ。分権というのは、この茶碗を叩き割ってたくさんのカケラをつくることだ。これをミドルとロウのすべての人間に分け与えることである。分け与えるということは、部下の生活を保証する、つまり給与を与えるということである。その代わり、どんなに小さなカケラでもこの給与をもらった者は、その給与についてはトップと同じ責任がある。人は城、人は石垣、人は堀というのはそういう意味である」

だから、ロウ層が末端で、例えば対外者に接触する場合においても、信玄から見れば、「ロウの一職員でなく、私の一分身、あるいはひとカケラがその対外者に接触しているのだ。対外者から見れば、その職員の対応の姿勢によって、この組織に対するイメージか決定してしまう。それだけの責任がある」ということである。しかし、そうさせるためには、部下から見て「この人のためなら」という気持ちを起こさせることが必要だ。

これは単に、普通にいわれるリーダーの条件だけではなく、「そうさせる魅力」かなければだめだ。「このリーダーは、自分のことばかり考えているのか、それとも部下に対して愛情をもっているのか」というモノサシである。次で詳しく述べ「叱る」と「怒る」の差は、その一例だ。

劉邦の考えによれば、「組織にはそれぞれポストがあり、自分がトップとして権限を分け与えたリーダーが中間にいるのだから、その下の部下の管理は中間リーダーにまかせる。その代わり、何か起こったときの最終責任は自分が負う」ということである。これがなければだめだ。何か起こったときに、「おまえに権限を委ねているのだから、おまえがすべて責任を負え」などといっていたのでは、中間リーダーだけでなく、ロウ層の職員からも見限られる。

— posted by 与力 at 02:19 am